• 合宿免許に持っていく物について

    合宿免許に参加するという場合には、身分を証明するための保険証や住民票、契約をするための印鑑、書類に記入する際の文房具などは必要最低限必要となるものですので、持参するようにしましょう。

    今すぐ使える合宿免許に関する情報の一覧です。

    住民票については、発行されてから時間が経過しているものは認められないため、出来る限り参加する直前に取得するようにしましょう。

    裸眼では視力が免許取得の際に必要な条件に満たないという場合には、視力矯正のためのコンタクトレンズやメガネを持参するようにしましょう。


    合宿免許はその名の通り、一定期間、自宅を離れ合宿地で生活をすることになります。

    Girls Channelの最新情報を掲載しています。

    現地で購入することが出来るものもありますが、着替えや洗面用具、タオル、洗濯用洗剤を持っていくと良いでしょう。タオルについては、ホテルに宿泊するという場合には、ついている場合もありますが、一枚持っていくと何かと便利です。


    そして、コインランドリーを利用する際に、あらかじめ洗剤を持参することで、費用を節約することが出来ます。

    免許の種類にもよりますが、普通運転免許を合宿免許で取得するという場合、最低でも2週間程度は必要となります。


    慣れない生活の中で体調を崩す可能性もありますので、常備薬がある場合には、持っていくと安心感があるでしょう。



    荷物を減らすためには、現地で購入するという方法もありますが、既に所有しているものを新たに購入するとなると、費用も必要となりますので、持っていくことが出来るものは持参することをおすすめします。